TOP

IRトップメッセージ

「がんばれ!!日本のものづくり」®

株主の皆様には日頃より温かいご支援を賜りまして、厚く御礼申し上げます。
当社ではモノづくり現場で必要とされる少量多品種・高頻度の商品ニーズに的確にお応えするために、物流施設、物流機器、デジタルへの積極的な設備投資を継続し、取扱アイテムの拡大及び在庫拡充を戦略的に強化することで、お客様の利便性向上に努めました。

本年のキーワードは、「面倒くさい仕事が人を育てる」です。面倒くさい仕事は真っ平ご免です。
デジタル技術の進歩で、面倒くさい仕事もずいぶん退治されてきましたが、デジタルでも解決不能な面倒くさい仕事も健在です。
スマートワークという単語がもてはやされる現代において、面倒くさい仕事を絶賛する訳ではありませんが、面倒くさい仕事をやり遂げることの収穫も考えてみるべきだと思います。

また、頼りにされる人間ほど、面倒くさい仕事が好き好んで近寄ってくるような気がします。
面倒くさい仕事に取り囲まれている人ほど、それだけ頼りにされている証拠だと考えれば、気苦労も半減することでしょう。
人間力とは難題解決力、そして難題解決は面倒くさい仕事の最上級です。面倒くさい仕事と仲良く付き合い、人間力を高めて、逞しく歩んでいきたいと思います。「人や社会のお役に立ててこそ事業であり、企業である」本年もこの思いを忘れることなく、お客様やマーケットに必要とされる企業づくりを進めてまいります。

令和4年(2022)2月

代表取締役社長中山哲也

ページトップへ戻る