TRUSCO MEMBER 01

トラスコ中山の使命を担う2つの営業職

プロツールの潜在ニーズを探り、解決策をご提案する〔セールス&ソリューション〕、お客様への商品提案や価格交渉も社内から行う、内勤“セールス”〔セールス&サポート〕。トラスコ中山の2つの営業職について取材しました。

  • お取引のあるお客様に向かい、
    提案や販売を行うルート営業のこと

    SUZUKI’S PROFILE

    東京都江戸川区・江東区・墨田区、千葉県市川市エリアを中心に担当。取引先の業種は幅広く、「この業種のお客様に必要な商品はこれ」と固定観念にとらわれず、柔軟に商品の提案を行うことを大切にする。

  • 社内にてお客様からのお問い合わせに
    対応する内勤営業のこと

    FUJIOKA’S PROFILE

    学生時代、アルバイトで販売を経験したことから、営業職に関心を持つように。技術と質で世界から評価される「日本のモノづくり」に役立てる今の仕事に大きなやりがいを感じている。

SSL(セールス&ソリューション)

  • 取引先の商機拡大を実現する情報を届ける

    お客様のビジネスチャンス拡大に向けて、鮮度の高い情報を提供することがSSLの使命。お困りごとについての相談を伺い、ともに解決策を考えることもあります。大切にしているのは、足しげく通い、お客様と顔を合わせてコミュニケーションを図ることです。「待っていたよ!」といった言葉をかけていただくと、お客様に役立っていることを実感し、モチベーションが高まります。

  • SSPとの連携でお客様の満足度を高める

    お客様に満足度の高いサービスを提供するため、SSPとの連携は欠かせません。商談時に「この商品が至急欲しい」などのご要望をいただいた際は出先から速やかにSSPと連携し、商品を手配します。お客様からの注文や問い合わせがSSPに寄せられることも多いため、情報共有を密に行い、一人でも多くのお客様の期待に応えられるよう一歩先、二歩先を見据えた営業を目指します。

SSP(セールス&サポート)

  • 社内にいながら日々多くのお客様に対応

    SSPは、お客様からの注文・見積・お問い合わせ、社内で電話やFAX・メールを利用して対応する内勤営業です。単にオーダーを承るだけではなく、商品の使用方法についての回答、新商品の情報提供や提案も実施します。さらには、仕入先様に対し納期調整や価格交渉も担います。“セールス”という名の通り、日々数多くのお客様と接する「トラスコ中山の顔」とも言える職種です。

  • お客様の状況を察知して最適な提案を行う

    一分一秒を争うモノづくり現場では、迅速かつ正確にお客様のニーズにお応えすることが求められます。また、お客様とは直接顔を合わせないため、電話での反応からお客様の状況を読み取ることが大切です。たとえば、お求めの商品がすぐに手に入らない時、そのアイテムが本当に必要なのか。もしくは類似品での代用ができるのか。お客様の状況から判断し、適切な提案を社内から行います。

トラスコ中山の販売ルート

ファクトリールート ▶

ファクトリールートは、製造業や建設業などのモノづくり企業にプロツールを納入している機械工具商などの販売店を対象に営業活動を行います。販売店からの情報をもとに最適な商品を提案することでモノづくり現場のお困りごとを解決します。

eビジネスルート ▶

ネット通販企業や電子購買仲介企業を対象に営業活動を行います。売上の変動に大きく関わる商品画像や商品説明の見せ方についてお客様の相談に乗ったり、その通信販売サイトでどのような販売促進を展開するかといった企画立案に携わります。

ホームセンタールート ▶

ホームセンターを対象に営業活動を行います。商品提案をするだけでなく、ホームセンターの店舗に足を運んで消費者の反応をイメージし、売り場のレイアウトやセールの商品企画も行うなど、より踏み込んだ営業活動を展開しています。

※掲載内容は取材当時のものです。