日本における“モノづくり”とは・・・

日本はモノづくりによって支えられている国

資源の乏しい日本においては、原材料を製品へ加工し、
国内もしくは海外に販売することによって
モノづくりの技術を進化させてきました。
その結果、「Made in Japan」の品質が世界中で
認知されるようになったのです。

  • 日本の製造品出荷額=296兆円
    平成26年(2014)度
  • モノを作るには、原材料や加工機械の他に、
    製造現場で働く人たちが使う手袋・マスク、
    製品の運搬・管理に使う台車・コンテナなど
    たくさんのアイテムが必要。

TRUSCOは日本各地の製造現場が、安心してモノづくりに注力できるよう、製造に必要不可欠なアイテム供給を通して支えています。