プラネット埼玉 1階エントランスにて
プラネット埼玉
1階エントランスにて

皆様には日頃より温かいご支援をいただき、厚く御礼申し上げます。
当社ではモノづくり現場で必要とされる少量多品種・高頻度の商品ニーズに的確にお応えするために物流施設、物流機器、情報システムへの積極的な設備投資を継続し、取扱アイテムの拡大及び在庫拡充を戦略的に強化することでお客様の利便性向上に努めてきました。

本年のキーワードは四文字熟語を卒業し、「社史に残る仕事を」です。社史に残る仕事とは、どんなに小さなことであっても、会社の進化、発展につながる「発想」「手法」「制度」「しくみ」「戦略」を生み出し、ターニングポイントを作り出すことであります。競争力の源泉は独創力です。誰もが思いつかないアイデアが企業の成長へとつながるのです。

「売った」「買った」「儲けた」が評価される世の中ですが、それだけでは社史に残る仕事とは成り得ません。

本年は創業60周年の年でもあります。まだまだ発展途上にいる私たちが40年後に創業100周年を迎えるためにも、全社員が「社史に残る仕事を」意識して仕事と向き合う一年といたします。

「人や社会のお役に立ててこそ事業であり、企業である」本年もこの思いを忘れることなく、企業の進化に注力し、お客様やマーケットに必要とされ続ける企業づくりを進めてまいります。

平成31年(2019)2月19日

代表取締役社長 中山哲也