トラスコ中山のインターンシップ

平成13年(2001)よりインターンシップを実施しています。当社ではインターンシップを採用活動とは切り離し、企業選びを始める前の学生の方々に就労体験の場をつくるという社会貢献活動として位置付けています。平成29年(2017年)度は東京・大阪の2か所で合計53名を受け入れました。

テーマは「実践!!セールス&ソリューション(営業)」。学生としてではなく、「トラスコ中山の一社員」として営業について学び、主体的に取り組める5日間のプログラムです。
“体験型”にこだわり、ビジネスマナーの習得、提案商材の勉強会や営業のロールプレイングなどを経て、実際にお客様を訪問して提案営業も行います。仕事とは何か、働くとはどういうことかを実践通して学ぶインターンシップです。

参加学生の声

  • 商社の営業はもともと興味がありましたが、実際の営業では販売店様の声にしっかりと耳を傾け、ニーズに応えている姿がとても印象的でした。
    (下関市立大学 男性)
  • ビジネスマナーや営業に関してだけでなく、人との繋がりなど人として大切なものを学ぶことが出来ました。
    (関西大学 男性)
  • まだ学生である私たちが実際の営業の場に同行させて頂けたことは、働くということをイメージできる貴重な体験となりました。営業という仕事の難しさや忙しさと同時に熱意を持って働く社員の方から楽しさや、やりがいを学ぶことが出来ました。
    (同志社大学 女性)
  • インターンシップを通じ、積極的な行動をすることの大切さや今の自分に足りないことも知ることが出来ました。これからの大学生活においてインターンシップで学んだことを生かし、精進していきます。
    (昭和女子大学 女性)
  • 挙手で機会を掴みとるという話をして頂いた時に、私の中の眠っていた積極性に火が付きました。
    (成蹊大学 男性)
  • 自分が仕事をする中で数年、数十年後にどのように働き、またどのような社会人になっていたいかということを考える機会になりました。
    (富山大学 男性)

ページの先頭へ