根底にある志

「人や社会のお役に立ててこそ事業であり、企業である」

人や社会のお役に立つという志が、企業の健全な成長には必要であると考えています。
私たちトラスコ中山は「企業活動を通じて社会に貢献することを使命とし、縁ある人々の幸せを実現する」という存在理念に基づき、一人ひとりが当事者としての責任と役割を果たし、機械工具業界、産業社会、地域社会などのお困りごとを解決することで社会に貢献し、いつの時代も必要とされ続ける企業を目指しています。

代表取締役社長 中山哲也 近影

代表取締役社長
中山哲也

持続的に人や社会のお役に立つための取り組み

企業活動を通じて社会的課題を解決する

事業を通じて社会に貢献する

志を持てばやるべきことと、進むべき方向がみえてくる

創業当時から変わらない「志」を持って、人や社会のお役に立つ存在であり続ける。

3 すべての人に健康と福祉を 4 質の高い教育をみんなに 5 ジェンダー平等を実現しよう

安心して働ける職場環境の提供

企業には社員が安心して長く働き続けられる
職場環境を提供する義務がある

これからも人生雇用を見据え、独自の企業づくりを進めます。

3 すべての人に健康と福祉を 5 ジェンダー平等を実現しよう 8 働きがいも経済成長も

事業を通じた環境活動

衣食足りて環境を知る

衣食足りた先進国の一国民として、環境に対する知識を高め、地道な活動と共に環境活動で貢献する。

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに 12 つくる責任 つかう責任

透明性の高い企業経営

取捨

物事の判断をするときには、「損なのか、得なのか」ではなく、「正しいのか、間違っているのか」を自問自答の上、必ず損得勘定抜きの「正しいこと」を選ぶ。

5 ジェンダー平等を実現しよう 11 住み続けられるまちづくりを

安心安全な商品提供

問屋を極める、究める

プロツールの供給を通じて日本のモノづくりのお役に立つことを目的とし、他社が扱わない商品も積極的に取り扱い、即納体制を整え、問屋業に徹しています。

11 住み続けられるまちづくりを 12 つくる責任 つかう責任
Sustainable Development Goals
外務省 JAPAN SDGs Action Platform サイトへ