1990(平成2年)

10月社内報「はんどめいど」発刊(「わかたけ」を改名)

1991(平成3年)

1月基幹システム「N-STEP」稼働

新コンピューターシステム「N-STEP」稼働1991(平成3年)
1992(平成4年)

4月CIプロジェクト「B.E.プラン21」企業進化活動導入

CIプロジェクト「B.E.プラン21」1992(平成4年)

CIプロジェクト「B.E. プラン21」1992(平成4年)

大いなる進化を目指してBig Evolutionと名付けた活動では、単なる外見だけの変化ではなく、中身のある本質的な改善を目的に行われた。存在、経営、行動の3つからなる企業理念を制定し企業としての考え方を明確にした。また企業名の変更やコーポレートロゴを決定するなどを行った。

1993(平成5年)

4月本社を移転
東大阪市新庄西 本社(4ヶ所目)

本社移転(ファイリング事業部大阪本部ビル)
1993(平成5年)
1994(平成6年)

1月中山機工株式会社からトラスコ中山株式会社に社名変更

4月大阪証券取引所市場第2部に上場
初の物流センター「プラネット九州」開設

プラネット九州 1994(平成6年)

初の物流センター設立1994(平成6年)

およそ20年前から「物流を制する者が商流を制す」と唱え、物流に投資をし続けてきた。「必要なときに、必要なモノを、必要なだけ」を掲げ、それを実践することが企業としての使命であると考え、物流センターを拠点とした配送ネットワークを構築した。現在に至っては全国をカバーできる物流センターを構えており、他社との差別化を図っている。

8月元取締役中山清子(創業者中山注次夫人)社葬

12月代表取締役社長に中山哲也就任

社名変更 1994(平成6年)
代表取締役社長 1994(平成6年)
役員一同 1994(平成6年)
1995(平成7年)

1月企業メッセージ「がんばれ!!日本のモノづくり」導入
阪神・淡路大震災
(神戸営業所被災、社内義援金募集など救済活動を展開)

5月東京証券取引所市場第2部上場

東京証券取引所市場第2部上場
1995(平成7年)
役員一同 1995(平成7年)
1996(平成8年)

3月東証・大証市場第1部銘柄に指定

東証・大証市場第1部指定
1996(平成8年)
1997(平成9年)

9月創業以来初の売上高1,000億円突破
中山視覚障害者福祉財団発足

1998(平成10年)

7月修理工房「直治郎(なおじろう)」開設

1999(平成11年)

11月創業者中山注次「勲五等瑞宝賞」受賞

創業者中山注次 叙勲
創業者中山注次「勲五等瑞宝賞」受賞祝賀会
1999(平成11年)